6月は本当に雨が多いか検証してみた。「模擬レース付走行会」

「6月は梅雨」、そんなイメージが多いこのシーズン。
はたして本当に6月は雨が多いのだろうか?

参考までに、2015年の岡山県和気地方の降水量を気象庁で確認してみた。

合計 日最大
1月 72.5 27.5
2月 23.0 9.0
3月 120.5 32.5
4月 130.5 40.0
5月 88.0 36.0
6月 180.0 56.5
7月 247.0 144.0
8月 189.5 27.5
9月 131.5 29.5
10月 36.5 26.0
11月 133.5 45.0
12月 116.5 53.5

実は雨が1年で一番多いのは、台風シーズンの「7月」と「8月」であることが伺える。
6月は月平均より雨が多いものの、突出して雨が多い月ではないこともわかった。

そこで「峠アタックTRSグリップ走行会」ではその点に着目し、6月11日(土)に積極的に模擬レース付きの走行会を開催している。
特に岡山県和気地方にある中山サーキットの6月前半は、過去のデータからみても雨の確率が低いようである。

とはいえ「6月は梅雨」そんなイメージを払拭するために、「晴れても雨でも割引きます」という太っ腹な「梅雨割」が導入されている。

「梅雨割」は天候に関係なく 1,000円オフとなる。
そして、早期エントリーに適用される「早割」でさらに 1,000円オフ、合計2,000円オフが可能となる。

6月の雨は台風ではないことから、多少くらいであればウェット路面の練習にも最適だ。

お得な走行会を利用して、ドライビングテクニックの向上に努めてみるのも良いかもしれない。


[ PR ]